口角炎

口角炎になった。
若い頃はよく口内炎になったものだが
20代の終わり頃からまったくならなくなって、
そのかわり何年かごとに口角炎になる。
ビタミン不足か疲れているのか、
とにかく抵抗力が落ちているのだろうから
気をつけないといけない。

ほっとけば2週間くらいで治ることはわかってる。
でも、ウザいので医者に行って薬をもらうことにした。
診察券を持って近所の病院へ。
「保健証を」と言われて慌てる。
「忘れたからすぐ家に戻って取ってきます」
「あ、いや、持ってたかな?」
「急に思いついて来たものだからウッカリして」
などと言いながらゴソゴソやってたら
保健証は財布の中に入っていた。
受付の人は困ったような顔で笑いながら
「ああ、それは、まあ、よかったです」
とか言ってくれていた。

診察はすぐに終わって薬を出してもらった。

口角炎はどうでもいいのだけれど、
照れ隠しとはいえ病院の受付の人の前で
ベラベラしゃべった自分に驚いた。
若い頃には、
誰にでも親しげに話すそういう年寄りを見て
「すごいな」と思ってた。
いま、自分がそうなってる。
[PR]