雲遊天下124

『日常の椅子 菅原克己の風景』を出してくれた出版社は、
いつも表紙絵イラストを描かせてもらっている、この、
『雲遊天下』を発行しているビレッジプレスです。

『日常の椅子』刊行を記念して、この号から
「音楽と詩と珈琲」と題して、
詩を漫画にする連載をさせてもらえることになりました。
第1回は菅原克己の「こうきち君と桜の花」(4頁)です。
今後は菅原克己の詩以外も漫画にしたいと思ってます。

あと、巻末の「編集メモ」で編集発行人の五十嵐さんが、
2005年に山川とはじめて会ったときから、
『日常の椅子』刊行までのことを書いてます。
ついこのあいだ知り合ったと思ってたのに、
いつのまにか10年たっていたとは……!
d0079924_22531911.jpg
特集◎あの場所  
四室つづきのレールロード・アパートメント……大竹昭子
天王寺の高架下……良元優作
保利透と江戸東京博物館……保利透
関西で出ていた「ブラケット」という雑誌について……岡崎武志
横浜のライブレストラン「Thumbs Up」……小野一穂
本とビールの場所……石山府子
与那国島……小川美潮
三本松商店街……林哲夫
姫路、梅田、天王寺……AZUMI

カニコーセン・堤雅彦
〔いつか、どこかで〕旅先で揺れる……南陀楼綾繁
〔記憶のB面〕知らない間に……貴島公
〔棚にしまわれたフィルム〕白井佳夫時代の「キネマ旬報」と充実の「座談会」……渡部幻
詰むや詰まざるや(三)……大川渉
〔季刊・団地〕某社員寮……保光敏将
カニコーセンの事件は現場でおきて_
〔コップの中の嵐─わたしのツイート一か月─〕3月……平山亜佐子

私立探偵と相棒……田川律
〔ぼくの歌の旅、君の歌の旅〕弟の墓……友部正人
音楽と詩と珈琲(一)こうきち君と桜の花……山川直人
〔読んだり聴いたり積んだり〕『二〇一二』、ズシリと重い、日々の記録……吉上恭太
〔レコード棚から〕ウィリー・ディクソンからもらった『ピース』……豊田勇造
現在を歌うフォークが未来をひらく……中川五郎

表紙イラスト・本文カット……山川直人
デザイン・誌名&特集ロゴ……小沼宏之

A5判/本文64頁/500円+税
2016年5月/ビレッジプレス刊





(2016.5.10)
[PR]
by emikanta62 | 2016-05-10 22:56 | 雲遊天下 | Comments(0)