漫画家・山川直人のブログです。


by emikanta62

菅原克己読書案内

d0079924_9415327.jpg
『日常の椅子 菅原克己の風景』
(本体800円+税/ビレッジプレス刊)発売中です。
本屋さんで見つけるのは大変だと思いますが、
お早めにお求めいただければ幸いです。
ネット書店では、楽天ブックスが
なくなるたびに補充してくれているようです。
まだまだ在庫あるようですから、
高い古本は買わなくても大丈夫ですよ!

さて、今回は、本書によって
詩人・菅原克己に興味を持たれた方に
オススメの本を紹介します。
d0079924_9422262.jpg
『菅原克己全詩集』(2003年刊/西田書店/3800円+税)
漫画化にあたっては、この本を底本にしました。
表題のとおり菅原克己の全詩が読めます。
「ヒバリとニワトリの鳴くまで」と、
「聖バレンタインの日の夕べ」は、
元の詩をかなり大胆に改変していますので、
読み比べてみてください。
d0079924_9423953.jpg
『陽気な引っ越し』(2005年/西田書店/1300円+税)
『全詩集』はちょっと高いなあ、という人には、
ベストセレクションのこちらをオススメします。
山川が漫画にしたものでは「ブラザー軒」「日常の椅子」
「スコット・サーカスの夕べ」が読めます。
amazonで品切れになっていますが、
版元にはまだまだ在庫があるそうなので、
他の書店、ネット書店で注文でしてください。
ブックデザインが素晴らしいです!
d0079924_943052.jpg
『現代詩文庫 菅原克己詩集』(1972年/思潮社/品切れ)
菅原克己存命中に刊行された本なので、
収録されている詩は、前半生に発表したものだけです。
ただ、ここでしか読めない文章が収録されています。
漫画化した「《贋札つくり》について」は、
「評論」として本書に収録されているものです。
品切れ中なので古本屋さんで探してください。

菅原克己には詩集以外の著作もあります。
現在入手可能なものでは、自伝的 エッセイ集
『遠い城 ある時代と人の思い出のために』
(2006年/西田書店/3107円+税)があります。

それから……
d0079924_9432150.jpg
『ビュビュ・ド・モンパルナス』
(フィリップ作/淀野隆三訳/1953年/岩波文庫/品切れ)
詩の中で「うす汚れた小さな本」と書かれている
フィリップの「ビュビュ・ド・モンパルナス」ですが、
漫画では勝手にこれと決めこんで描きました。
新潮文庫にも堀口大學訳があります(1954年刊)。
どちらも現在は品切れですが、
岩波文庫版は何年かごとにリクエスト復刊されているので、
古本屋さんで、安価で、よく見かけます。

漫画化しましたが、私もまだまだ読んでいない、
読み込めてない菅原克己がいっぱいあります。
多くの人が買って読んで、
さらなる研究、発掘があればいいなあと思ってます。

*画像は、私の本です。汚れててすみません。




(2016.6.4)
[PR]
by emikanta62 | 2016-06-04 09:53 | そのほか | Comments(0)