カテゴリ:漫画単行本( 12 )

まんがタイム ファミリー
2008年1月号から2009年10月に連載した
短篇連作『ハモニカ文庫』の単行本が
1月7日、芳文社から刊行されます。
一人でも多くの人に読んでいただきたいです。
よろしくお願いします。
d0079924_6394574.jpg

『ハモニカ文庫』山川直人・著/芳文社・刊
 B6判/184ページ/619円+税
[PR]
d0079924_13493998.jpg
『シアワセ行進曲』 680円+税
エンターブレイン刊
B6判/202頁/5月30日発売
全国の書店、インターネット書店でお求めください。

『シアワセ行進曲』は1991年から1992年にかけて
4コマ漫画誌に連載したものです。
掲載誌の休刊で連載終了になり単行本の話もなかったので、
1995年に自費出版で出しました。
どちらかというと男性読者の多い私の漫画の中で唯一
女性にも多く手に取ってもらえて、何度か増刷もした、
同人誌即売会での私の代表作です(笑)。
それがこうして出版社からの単行本として出るわけで、
すごく嬉しいというか泣きそうです。
帯には、漫画雑誌デビューがほぼ同期(?)の
上野顕太郎氏から推薦文をいただきました。

試行錯誤していた私の絵が
ようやく固まってきたのが本作でもあります。
主人公の絵美ちゃん、幹太は、その後から今に至るまで
私の漫画に何度も登場する看板女優、俳優です。
ずっと前からこのブログの署名が
emikanta62となっているのも、絵美ちゃんと幹太です
(62は私の生まれた年)。
なにせ20年近く前の漫画なので
絵もお話も「下手だな〜」と思うところがいっぱいですが、
優しい気持でお読みいただければ幸いです。

なお、自費出版本では未収録分がありました。
今回はじめて全23話を完全収録しました。
私のミスで紛失してしまった原稿も、
初出掲載誌から復刻しました。

実は、自費出版本は、3分冊コピー手製本版、
3分冊印刷版、一巻本印刷版、と3種類があり、
ずっと前から応援してくれてる人の中には
それら全部を持ってる人もいるかもしれません。
ほんと、すみません。
アナログ盤買って、CD買って、
ボーナストラック付きのリマスター盤買って
さらに紙ジャケまで買うようなもんだと思って
あきらめてください。
ほんと、ごめん。
[PR]