カテゴリ:日々のあれこれ( 62 )

『菅原克己の風景展~昼と夜の空のつぎ目で~』
初日のオープニング雑談会から始まり約2週間、
無事に最終日を迎えることができました。
お会いできた方もそうでなかった方も
ご来場いただき、ありがとうございました。

高田渡の歌から菅原克己を知った
内田かずひろ、保光敏将、山川直人の3人が
自費出版で本を作り、記念となる原画展までできて
ほんとうに幸せでした。
『菅原克己の風景』はいちおうこれで完結ですが
この経験をもとに、また何かやりたいと考えています。

原画展はもちろんですが、
谷中の町をブラブラしたり、一箱古本市をのぞいたり
ゴールデンウィークをのんびりと
贅沢な時間を過ごすことができました。
これからまたずっと
家にこもって漫画を描く生活に戻ります。

企画に声をかけてくださった南陀楼綾繁さん、
快く雑談会に参加してくださった小沢信男さん、
あたたかく見守ってくださった谷中ボッサさん、
そして去年の展覧会、トークショーに続いて
今年もお世話になりっぱなしだった
吉上恭太さん、智子さん夫妻に感謝します。
[PR]
企画展『硝子暖簾(がらすのれん)をくぐると⋯』
終了しました。
シバさん、中川五郎さんのライブがあり、
内田、保光、山川のトークショーもありで、
これまでの展覧会とは違ういろいろな経験ができ、
楽しい時間を過ごすことができました。
ご来場いただいたみなさん、ありがとうございます。

トークショーも無事終わりました。
知り合いが10人くらい来てくれればと思っていたら、
40人近い人たちにお集りいただき
ギャラリーの椅子が足りなくなる盛況でした。
内容に乏しく、拙い話ぶりだったと思いますが、
みなさんに優しく見守っていただいて
なんとか1時間半、頑張ることができました。
ありがとうございます。

いつも書いていることですが
今後も長くずっと漫画を描き続けていくことで
お礼をさせていただきたいと思います。

あと最後に⋯
主宰の末森英機さん、
トークショーの進行だけでなく何から何までお世話になった
吉上恭太さん、智子さん夫妻、
ギャラリー無寸草とづづの滝さんにも、
ありがとうございました。
[PR]